toggle
2017-01-25

トールペイントのお雛様が完成しました

日本の「和柄」と西洋の「トールペイント」を
「ウン」(←ピコ太郎風に)とコラボさせた
和柄トールペイントというのを3年ほど前からやっています。

トールペイントで
たまに和のモチーフを描く先生は沢山いらっしゃいますが、
オリジナルは「和柄」しか作らない、
という先生は珍しいかもしれません(笑)

っていうか、
和柄しか作れない・・・

自分の中に、
バラだとかアメリカンカントリーとか
そういうものが
入っていないのだと思います。

だからこそ、アメリカ人の先生が描く
風景や花に憧れてしまうんでしょうね。

ですから今度作った作品も
超「和もの」です。

3月3日の桃の節句に向けて
トールペイントでお雛様を作りました。

女の子が家にいなくても
ちょこっと飾りたいお雛様、
「立ち雛」です。

こちらです↓
P14706362

これを作るにあたって、
まあ、たくさんの雛人形を検索し、研究しました。

驚くべきことは、
今の人気の雛人形のトレンドです。

例えば、
ピンクを基調にし、玉串をラインストーンであしらうなど、
女の子好きするキュートな雛人形。

平安美人的な細い目とぷっくとしたほっぺではなく
小顔で長いふさふさのまつ毛がついている雛人形。

着ている十二単もバラ柄やパステルカラー、
レースが付いたオシャレな雛人形。

全体的に黒を基調とし、
黒の着物にレースをふんだんにあしらった
ゴスロリ雛人形。

時代は変わっているのですね〜。

そんな流行はさておいて、
私が行き着いたのは
オーソドックスな「立ち雛」です。

P1470661

意外にも
「これ」「これ」と最初に手に取った色で
着物の色を塗ったら、
綺麗にハマりました。

作り方のパケットと
男雛、女雛、屏風、台のウッド4点をつけて、
セットでネット販売しています。

いつもはざくっと仕上げる私ですが、
雛人形は丁寧に仕上げました。

検索して思ったのですが
雛人形ってどれも値段が高いんですね〜〜。

ぜひこちらのお安いパケットを買って
最上級に心の込もった雛人形を作ってくださいね。

オンラインショップへ

*************

新商品の入荷、プレゼント企画、レッスン動画のアップのお知らせなど、
最新の情報をいち早くお届けします。
ぜひメルマガ登録をお願いしますね!
メルマガ登録はこちら↓
%e5%86%99%e7%9c%9f-2

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です