toggle
2016-12-01

わたせせいぞうの「菜」にはまる!

わたせせいぞうさんの
「菜」という漫画をご存知でしょうか?

わたせせいぞうと言えば
1980年代に
「ハートカクテル」という漫画が流行りましたね。

あっ、年がばれちゃう??

都会風のちょっと垢抜けた主人公を描く
漫画家さんです。

現在、朝日新聞の綿矢りささんの連載小説
「私をくいとめて」の挿絵を描いています。

こちらの「菜」は全12巻、
1992年から「モーニング」に連載され
2007年から同じく「モーニング」で
続編「菜~ふたたび~」が連載されて
こちらも単行本全3巻が出されてます。

実は「菜」を偶然知って
漫画が欲しくなって
ヤフオクで12巻2500円で買いました^^

img_0399

ヒット作の「ハートカクテル」も読んだことないのに
なんで「菜」にはまったのでしょう?

それは、
菜の着るアンティークの着物が
超可愛かったからです。

設定はこんな感じです↓
*******
<菜 SAI>
鎌倉に住む富田耕平・菜夫妻を主人公に
四季に彩られた日本の美しい風物をちりばめながら
家族の折々の情景を鮮やかに描き出す物語です。

大勢の家族でにぎやかに育った耕平と
両親を事故で亡くし天涯孤独で生きてきた菜が
愛情に溢れた家庭を築いてゆく
とても心温まる漫画です。
******

img_0400

主人公の菜は、
毎日亡くなった母の形見の着物を着ていて
台所に立つときは白の割烹着姿。

夏は浴衣、冬は袷と、
出てくる着物は盛りだくさん!

色も柄も、本当にかわいい!

この菜の着物に合わせて
和柄トールペイントの
アクセサリーシリーズを作っちゃおうか、
と思うくらいです。

img_0401
(↑耕平さんが浮気しそうになるシーン)

またね、
時代が懐かしくていいんですよ。

耕平さんがたびたびホステスと飲むシーンは
バブル時代を彷彿とさせるし
「兄さんの愛人」なんてのも普通に出てくる。

野良猫拾って縁の下で育てるのも
昔はあったな〜って感じ。

可愛らしいだけの作品ではなく
結構笑えるし、
日本の花や帯結びの解説も所々あり、
大変勉強になる作品です。

そして最後は必ずほっこりと
心温まります。

img_0398

家に12巻積んでおいたら、
浪人生の息子が
「実は毎日寝る前に読んでるんだ。
結構面白いね。」

お〜、この良さがわかる息子、
大人だわ〜。

って、もうすぐ試験が始まるのに
マンガ読んでていいんかいっ(ーー;)

みなさまも機会があったら
ぜひ読んでみてくださいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です