toggle
2017-06-10

高くても売れるハンドメイド作家になるには?

昨今、ハンドメイド作家さん達が
活躍できる場が増えてきていますね。

ミンネ、クリーマなどの
オンラインモール。

ハンドメイドインジャパンや
デザインフェスタなどの
大型ハンドメイドフェア。

レンタルボックスや委託販売、
などなど。
スクリーンショット 2017-06-14 10.53.27

全部制覇しているハンドメイド作家さんも
いるようですよ。

日本でトールペイントをやる方も
めちゃめちゃ技術の高い
ハンドメイド作家さん達です。

インスタグラムで
「トールペイント」と検索すると
まあ〜素晴らしい作品が次々と現れます。

「いいね」するのに忙しい。。。

でも、
よくよくハンドメイド市場を見てみると
トールペイント作家さん達は
いまいちこの市場には
参入していないように見受けられます。

それってなぜでしょう??
IMG_0463

私は考えたのですが、
「手間」「技術」の割に
高額では売れないからなんですね。

たとえば、
材料を買いに行き、デザインを考え、
3時間を費やして描いたティッシュボックス。

時給1000円として
人件費3000円、
それに材料費、買い付けの交通費など
もろもろ入れて5000円?

それに、
長年トールペイント習ってきたんだし
プラス1000円技術料足したいなぁ。

でも待てよ、ティッシュボックス
6000円で買う人いるかな。。。

となってしまいます。

6000円のティッシュボックスは
なかなか売るのが難しい。。。

IMG_0464

でもでも、
高くても欲しくなるトールペイント作品って
絶対あると思うんです。

みなさんがトールペイントをするのは
売ることが目的ではないですが、
もしバンバン売れるなら
トールペイント業界全体が
活性化するのではないでしょうか。

こんなに楽しいトールペイントを
もっと知ってもらいたいな〜
と心から思います。

それには、
「高くても売れる」トールペイント作品を
考えていかなくてはいけませんね。

さて、私の先生であるマツドアケミさんが
この度12冊目の本を出しました。
IMG_0461

マツドアケミ
ハンドメイド業界では、知る人ぞ知るカリスマ講師
雑貨のバイヤー、ショップのコーディネーターを経て
雑貨の仕事塾」を立ち上げ、ブランディングを教える。
そこで学ぶ生徒は毎月300名
数々の有名ハンドメイド作家さんを輩出する
凄腕ハンドメイドコンサルタント。

この本に書いてあることは
普段先生がセミナーや教室で話していることなので
本1冊でそれが学べるのは
めちゃめちゃお得です!!!

そして、この本がすごい点は
紹介されている一連のノウハウが
実はハンドメイド作家さんだけに限らず
「あらゆるビジネスで通用するノウハウ」
だということです。

なぜ、高額なのに売れるのか?
なぜ、高額なのに人は集まるのか?

これは、どんなビジネスをする人も
知りたいことですし、
ビジネスをする人なら
ぜひ1回は読んでほしい1冊です。

「あ〜、自分はこれをしていなかったんだ、
だから売れなかったんだ」と
たくさんの気づきがあるはずです。

中で紹介されている作家さん達は
いつもセミナーなどでお会いする
馴染みのある作家さん達。

いや〜ん、◯◯ちゃんが出てる〜
◯◯さん、そんなことがあったのね。。(涙)
と、個人的にも楽しめました。

実在する作家さんの例を出して
説明してくれるので、本当にわかりやすいです。

ですから、
トールペイントの作家さん達も
テンション上げていきましょう!

高くても売れるモノは必ずあるので
一緒にさがしていきましょうね!


*************

新商品の入荷、プレゼント企画、レッスン動画のアップのお知らせなど、
最新の情報をいち早くお届けします。
ぜひメルマガ登録をお願いしますね!
メルマガ登録はこちら↓
%e5%86%99%e7%9c%9f-2

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です