toggle
2016-12-03

【驚愕】「うぐいす」の事実を知りました

うぐいすをモチーフに
次の和柄トールペイントの作品を
描こうとしています。

そう、「ホーホケキョ」と鳴く
あの鳥です。

どんな鳥だっけ?
とネットで調べると
驚愕な事実がわかりました・・・

「うぐいす色」と言うと
抹茶色をイメージするんですが
あなたはいかがですか?

だって、
「うぐいす餅」や「うぐいす豆」は
抹茶のような緑色ですよね。

imgres-1

(↑大彌さんのうぐいす餅)

 

でもこのイメージが大きな間違い!!

「うぐいす」を画像検索すると
茶色の鳥が出てくるのです。

うぐいすって
そんなキレイな色じゃない(ショック!)

よくイメージされる緑色の鳥は
実は「メジロ」なのです。

こちらをご覧ください。

%e3%82%a6%e3%82%af%e3%82%99%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%a1%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%ad
(http://wanomisehiyori.com/出典)

メジロは日本人好みの優しい緑色で、
春先に庭に訪れ「チーチー」と鳴きます。

そう
「ホーホケキョ」じゃないのですよ。。

さらに、花札にもあるように
「梅とうぐいす」の組み合わせを
見ることが多いかもしれませんね。

imgres

 

でも実は、うぐいすは昆虫を食べるので、
梅の木には積極的に止まらないのだそうです。

なんでこんな誤解が生まれたんでしょうね。

それは・・・

「いい声」と「いい色」

日本人は勝手に
いいとこ取りをしてきたわけです。

というわけで、
私はどう描けばいいのだろうか?
と迷います(ーー;)

でも、「うぐいす色」という
深い緑色がやっぱり好きなので
「なんちゃってうぐいす」
でいこうと思います。

はは、調べたくせに、
中途半端な態度でゴメンナサイ。

出来上がったら
お知らせしますね!

img_1225

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です