toggle
2013-11-09

トールペイントの主な技法

017ff9f7cb11e3c96b221ec0ee10cde1a88aa94da0

サイドロード:最もよく使う技法です。平筆の一角に絵の具を取り、パレット上でなじませ、筆の中でグラデーションを作ってから、作品に描き込みます。明るい色のサイドロード(ハイライト)と暗い色のサイドロード(シェイド)を入れることにより、立体的になります。

01c9e2c16f0122bdacce7ab1c70a9dc765c390bf97

Cストローク:サイドロードをしたまま、Cの字を描きます。

 

01a54fff51b3b08445556aa59f38eef739c0b45b22

Sストローク(長):平筆の全体に絵の具をつけて、Sの字を描きます。

 

01d1664fce1c872c1f67f4f63cebc23f3a272209a0

Sストローク(短):小さなSストロークです。葉っぱを描くときはこの方法です。

 

01d93acfdbf2e607a522ee219a4f330d2b978eb2a9

カンマストローク:丸筆の先に絵の具をつけ、押さえるように筆をおき、手前に引きます。

 

01907a2f79944c185d0d00338b458068cc95435693

スティップル:先が平らな筆で、叩きます。テディベアのふわふわ感を出す時などに使います。

 

017e859edcd6aaa8a55a768114561684369cb31a10

ライン:ライナーで細いラインを描きます。これが意外に難しい。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です