toggle
2013-11-11

必要な道具と材料

トールペイントを始めるにあたって必要な道具、材料をご紹介します。

私の教室では、トールペイントを始める生徒さんに負担がかからないように、上手に100均一の商品を使っていただくようにしています。

ニス、筆の一部、トレーシングペーパー、サンドペーパー、筆洗いなどは、100均で揃います。上手に100均を使って手軽に始めてみましょう。

ウッドについて

01fe50ef8d89405561f2e93905cde11f27933b2aca

 

まずは、ウッドですね。図案に合わせて買います。

またはウッドを選んでから、図案を拡大・縮小します。

 

 

 

絵の具について

トールペイントに使う絵の具は、アクリル絵の具です。トールペイント用の絵の具が、アメリカのいろいろな会社から販売されています。有名なところで、デルタ社のセラムコート、デコアート社のアメリカーナがあります。

9900_thumbnail

da-img

 

 

 

 

 

 

「つくる楽しみ」(楽天オンラインショップ)で、セラムコートは1本105円、アメリカーナは1本147円で販売しています。

ディレクション(描き方)には、必ず作品に使用する絵の具が載っています。アーチストによって、アメリカーナを使ったり、セラムコートを使ったりしています。では、全部買わなくてはいけないでしょうか?そんなことはありません。

私は、セラムコートのみを使用しています。セラムコートだけですが、現在2~300本の絵の具を持っています。でも、50本くらいあれば、たいていの作品は描けてしまいます。色を混ぜて、近い色に調整したり、同じような色を使ったりして、コストダウンしてもいいですよ。

コンバージョン表と言って、各社の絵の具の対比表があります。バイキングで購入できますので、トールペイントをはじめて、いろいろな作品を描いてみたくなったら、是非購入してください。全社の変換表が載っていて、とっても便利です。 アクリルコンバージョン

 

必要な材料・道具
01122d9e5b054056258e322440d8db3f414aaa409d

 

 

 

 

 

 

①サンドペーパー:ウッドの表面を平らにする。
②チャコペーパー:図案を写す時に、ウッドとトレーシングペーパの間にはさんで写す。
③トレーシングペーパー:図案をトレーシングペーパーに写し、チャコペーパーを使ってウッドに写す。
④シーラー:下塗り塗料。木が絵の具を吸収していかないように塗る液
⑤アクリル絵の具
⑥ニス:仕上がった作品に塗り、保護をする。
⑦紙パレット、または牛乳パック
⑧筆洗い
⑨筆
⑩スタイラス:下絵をウッドに写す時に使う。
⑪スポンジ
⑫海面

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です