toggle
2016-10-05

ステンシルシートが楽々作れる、スキャンカット(ScanCut)の使い方動画を撮りました

和柄トールペイントは好きだけど、
ステンシルシートを作るのはちょっと・・・

そんな人は多いと思います。

私の教える和柄トールペイントは
同じ模様を繰り返したりするので、
本来の着物の染物と同じように「型」を使います。

クリアファイルをカッターでちまちま切るのですが、
これが苦手な人がいらっしゃいます。

慎重になっても
「あっ!!」と切ってはいけないところを切ったり、
ラインががたがたになったり。

「ステンシルシートは財産よ!
一回作れば何度も使えます!」

と声高らかに生徒さんに諭してきたのですが
実は私も面倒でした(笑)

かねてから、
ステンシルをカットする機械がないかな〜
と探していたのですが、
こんな便利な機械を見つけました。

ブラザー製の
「スキャンカット(ScanCut)」という機械です。

img_1032

実は、
シルエットカメオという似たような機械があって、
どちらを買おうか迷ったので
販売店の秋葉原のショールームまで行って
機械の説明を聞いてきました。

そして選んだのがスキャンカットです。

ステッカー、スクラップブッキングなど
紙やシールをカットするのに便利なのは当然のこと、
私のように、少し硬め、厚めのプラスチックシートを
なんなくカットしてくれますし、
布も切れるのでパッチワークにも使えます。

そして、ステンシルシートを作れば
ラテアートやケーキのデコレーションなど、
料理の分野にも使えますよね。

その機械、どんなに便利なのよ!
という方に、使い方動画を撮りました。

ぜひご覧くださいね。

そして興味のある方は
下のユーロポートというお店が一番お安いです。

も〜う手放せませんよ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です