toggle
2016-11-08

和柄トールペイントに使う絵の具の色

アメリカントールペイントには
ものすごい種類の絵の具を使います。

というか、長年やっていると
色がどんどん増えていってしまうのです。

私はアメリカのPlaid社の
デルタセラムコートを使っているのですが、
全部で200色くらいあります。

うちにある絵の具は数えたことはないのですが
20年以上トールペイントしているので。。。

まあ、200色くらいはあるんでしょうね。

さて、私が教えている和柄トールペイントですが、
基本色48色で作品を作っています。

生徒さんにも
これ以上は揃える必要はない、と
言っているんですよ。

私が「感覚」で揃えた
和柄に使えそうな色ですが、
これが意外にも当たっていたのです。

実は、ターナー色彩株式会社という
絵具やペンキの会社が、
「ジャパネスクカラー」という
シリーズを出しています。

japanesque

全69色を揃えているのですが、
私が選んだ色とほぼほぼ合います。

そして、その色の名称が面白い!

うめ紫
うこん色
きつね色
江戸紫
千歳緑

昔の日本の自然の中にあったモチーフから
つけられた名称なのでしょうね。

横文字の色より愛着がわきます。

和柄トールのクラスでは
「ここは深緋(こひき)で塗ってね」
なんて言ってみようかしら??

って、生徒さんは迷いますね^^

このターナーのジャパネスクカラーを
画家の中村ケンゴさんが使ってらっしゃるそうですが、
日本画に使う岩絵の具の風合いを出していて
アクリル絵具独特のてかりを抑えた
画期的な絵の具だそうです。

日本画のようなマットな仕上がり、
「ざらざら」とした質感。

う〜ん、
ぜひ使ってみたいですね。

さらに接着力にすぐれ
様々な素材に描けるようなので
作品の幅も広がります。

1本20mlで270円と、
セラムコートより高いのですが
アマゾンで探したら
45色セットが9000円で売っていたので
研究熱心な方はぜひ買ってみてくださいね!

こんな素敵な作品が描けるそうですよ。

l

<ターナーHPより http://turner.co.jp/art/japanesque/>

ちなみに私が選んだ和柄色
セラムコート版は
以下の通りです!

楽天のネットショップ
「つくる楽しみ」で1本151円で購入すれば
電車賃も浮きますよ^^

つくる楽しみ↓

白黒メタリック系
White
Lt. Ivory
Antique White
Black
Metalic Gold
Metalic Silver

茶系
Spice Brown
Spice Tan
Empire Gold
Opaque Yellow
Straw
Old Parchment
Maple Sugar Tan
Burnt Umber
Dune’s Beige
Golden Brown又はRaw Sienna

赤系
Cardinal Red
Magenta
Touch O Pink
Antique Rose
Bright Red
Black Cherry
Morrocan Red
Tomato Spice
Adobe Red

青系
Navy Blue
Chambray Blue
Turquoise
Liberty Blue
Denim Blue
Blue Danube
Wedgewood Blue
North Sea
Laguna Blue
Salem Blue

オレンジ系
Coral
Sunkissed Coral
Poppy Orange

紫系
Purple
Lilac
Deep Lilac

緑系
Seminole Green
Leaf Green
Hunter Green
Wedgewood Green
Black Green
English Yew Green
Moss Green

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です