toggle
2016-05-27

和柄トールペイントとは

和柄トールペイントとは、
もともと着物とか、和モノが好きだった私が考案した方法で、
伝統的な和柄を、トールペイントで表現しようというものです。

よろしければ、プロフィールをご覧くださいね。

私が作った作品は、
西洋のクリスマスツリーが和柄だったら?
イースターエッグが和柄だったら?
と、ワクワクしながら生み出されました。

技術的には、全く難しいことはなく、
従来のトールペイントにステンシルの技法を足したものです。

むしろ、皆さんがやっているトールペイントより
簡単かもしれません。

そして大切なのは、
「オリジナルが作れる」ということです。

昔、七五三で着た着物の柄を
トールペイントで表現してみた、

処分するおばあちゃんの着物を
トールペイントでカタチに残した、など

今まで考えもつかなかった
自分だけのオリジナルを
意外に簡単に作ることができます。

この写真の鶴の柄は、
私の母が昔着ていた留袖の柄なんですよ〜〜。

img_0845

母のタンスから出てきた時は、
思わず「かっこいい〜」と叫んでしまった留袖の柄です。

他の誰も作ったことがない、
自分だけのオリジナルのトールペイントが出来るのは
この上ない喜びです。

生徒さんが持ってきた着物の写真を見ながら
あれやこれやと一緒に図案を考えるのは
とても楽しいものです。

ぜひ、一緒に和柄トールペイントを楽しみましょう。

クラブ長として、お役に立てたらと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です